♪みゅーじかル〜ナ♪

Musical Station 2

2019/10/16 19:00

こんにちは。ルナです☺️

Musical Stationのお時間です!


今月のミュージカルは…"The Color Purple"


Alice Walkerさんの小説を元にしたミュージカル。

まだ男性の権力が強かった時代、幸薄の黒人女性が奴隷のような生活を強いられ過ごしていたところ、ある1人の女性に出会うことで、1人の人間として目覚めていく、そんな物語です。


ミュージカルは2005年からブロードウェイで上演されていますが、実は1986年に皆さんよくご存知のスティーブン・スピルバーグ監督によって映画化されています!

ヒロインは「天使にラブソングを」で有名なウーピー・ゴールドバーグさんが演じられました。


小説は実は全て、ヒロインの詩・日記で物語が綴られていて、とても表現が綺麗なんです✨

その物語がミュージカルになると、音楽も非常に説得力があり、更に心打たれる作品となっていて、最初この舞台を観た時に衝撃を受けたのを今でも鮮明に覚えています。


その中でもひときわ美しいナンバーが、"I'm Here"。私、この曲聴くだけで涙するくらい、本当に大好きなんです…!!


ヒロインが私は私でいいんだと自覚する歌なのですが、その1人の女性としての強さがこの歌で表現されていて、その子の想いがぶわー!!!と一気に伝わってくるエネルギーが感動を誘うのです🥺

この曲、ヒロインの心情を効果的に表すため、途中のリズムといいますか、曲のペースがコロコロ変わります。

それだけでなく、100%のエネルギーで声を張ったと思ったら、次の瞬間60%くらいの力で旋律を奏で、またラストスパートになると100%に上がるといった、歌い手にとってはかなり体力勝負なチャレンジングな曲。

また、少しゴスペルのような、神に祈りを捧げる歌という印象を私は受けました。だから、音符も楽譜どおりではなく、歌い手によってフェイク(原曲のメロディーを一部変えたり、装飾したりして歌う(演奏する)歌唱法(奏法))が変わります。


この曲が歌えたら、本当に気持ちいいんでしょうね〜…!

因みに"DREAMGIRLS"に出演されていた、ジェニファー・ハドソンさんも"The Color Purple"にご出演の経験があります。ヒロインを変える1人の女性という重要な役割をされていました。

彼女もこの歌を歌われているので、ぜひ動画配信サイト等で聴いてみると良いかもしれません✨とても感動しますよ☺️

"The Color Purple"は、日本ではまだ上演されていないので、いつか日本語訳をして歌えたらなと思います♫


【今月のおさらい】

💡"The Color Purple"は1人の黒人女性が「自分らしさ」を見つけていく美しい作品なのだ

💡"I'm Here"は、その1曲だけでヒロインの心情を表している圧巻な曲だよ

💡とにかく歌い手にとってチャレンジングな曲だけど、やりがいは十分!


以上、ルナのMusical Stationでした〜👋


ルナ🍀

↓Twitter&Instagram↓

@runa_hirose324

チップする