P部屋

台風19号_自然災害


今回の台風で被害を受けられた方に心よりお見舞い申し上げます。

テレビやインターネットを通じ、被災状況が報道されておりますが
日に日に被害状況は深刻さを増していきます。

先ほどのニュースでは、お亡くなりになった方は80名を超えたとのこと。

もちろんお一人お一人の命ですので、人数がどうとか、
そういうわけではありませんが、それでも、
ドスンと心に響くものがあります。

自然災害という抗いようのないもので失われていく命があり、
そして遺された側の命が存在します。

そういう方々の痛みを考えると、本当に辛くなります。

少しでも早く時間が流れて、少しでも早く過去となり、
少しでも早くその痛みが薄れていってほしいと、心から願っています。


私は6歳のときに阪神大震災で両親と兄を亡くしました。

テレビの速報のテロップで、両親と兄の名前が流れてくるのをみたため
今でも1人でテレビを見ることはなかなかできません。

霊安室で両親と兄であることを確認したことを思い出すので、
今でも寒いところは大嫌いです。

そしてとても心配性です。

でも不思議と、それ以外は色んなことが過去となり、
むしろそれは私にとって色んな引き出しとなり、
力となっている気がします。

そうはならない方もいらっしゃるかもしれませんし、

そうなるまでに私以上に時間がかかる方もいらっしゃるかもしれません。

人それぞれなので、それはもちろん、わかりえないことです。


ですが、私がよく感じる
「生きていくことへの責任がある、幸せになる責任がある」という感情は、同じような立場の方々はもっていらっしゃるんじゃないかと思います。

その責任を、少しでも周りと共有しながら、
なんとかなんとか前を向いて頂きたいと心から願っています。


その痛みが、少しも早く過去となりますように。


チップする