P部屋

これまでのこととこれからのこと


このたびは色々と驚かせたり悲しませたりする報告が続き申し訳ございません。

いつも応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

まもなくステラリアは終着駅に到着です。

その駅はどんな駅なのか、今はまだ予想もつかないのですが...。



ところで、このサイトもあと1か月とすこしになりました。

思えばメンバーの皆にもブログや写真をあげてもらったり、私もここでしか話せないことがあったりとした気がします。


けれど

11月の公演のお稽古中から

ステラリアは方向性や世界観の創り方に悩み、色々なことをメンバーとともに考えていました。


音楽性、文章の書き方、写真、応援してくださる方との距離感、それらを考えながら。


けれどやはりメンバーによっては並行している活動内容的に実行できない、等がありました。

それは、「ステラリアだけを活動の中心としなくていいよ」と5人と最初の約束に繋がるのです。

ステラリアとしての世界観を作り出すには、やはりその世界観を壊さないようにしたまま他の活動もしてもらう必要があるわけで、それは難しく。

けれどやはり5人の今持つ個性をもって一つの世界観を作り上げ、かつそこに歌声を乗せていくのは本当に難しく、それでも続けるためにはそれは必須なことで、


結果


公演が終わったら、ステラリアの世界観を一度考え直そう、


となりました。


そして、

ブログなどの更新は控えるように、必要なときは世界観というのを考えた上で、とメンバーには伝えていました。

ツイートの仕方、写真なども全てよく考えるよう伝えました。


しかし12〜1月と体調をめっきり壊し、

年始にお墓参りのため関西へ帰りましたが、他は仕事を休んだり入院したりを繰り返し、

なかなかステラリアの世界観、と向き合う時間がとれず、

結果メンバーにもGOがだせない状態でした。

なのでメンバーの更新がなかなか滞ってしまっていたのはそういった「森ぴいからのオーケーがでない」という背景がありました。


私個人でいうと、完全な音楽アレルギー(特にステラリアの音楽が全く聴けない状況)になり、DVDの編集をしなければならないのに音楽が聞けないだとか、新曲が作れないということが増え、そこで今公演のない3人にはステラリアを続けていくための色々な引き継ぎ的な作業をしてもらっていました。


経理面、稽古場の管理、作曲、譜割、衣装、たくさんたくさんお願いをしました。


ちなみにそんななか3人がその作業の中で見つけたのがMelefieleなのでしょう。

作業中、

ステラリアの曲を歌うのは私が完全に否定的だったので、3人はkalafinaさんの歌を歌っていました。

多分本格的に練習をしたのは、

最初は入院が続き荒れていた私を励ますために歌ってくれたのことが始まりだと思います。


そこから3人で作業の合間によく歌っているのを聞いていたので、ある日ステラリアとは別に3人でも歌ってみたい、と全体LINEで報告を受けたときは特に驚かず。


本当にステラリアは自由で。

自分この公演にでます、オーディションです、これやります、このステラリアの活動はできません等、色々とやりたいことをやりたいようにやっているグループだったので、ああ3人も新しいやりたいことが見つかったのだなと。それはすごく嬉しい気持ちでした。


これからは、磨央や彩乃もですが

「ステラリア」というつくりだしたかったものに囚われず、自由に表現をしていいんだよ、とメンバーには伝えました。


そして今までのぶん、

たくさん更新をしてくれたら嬉しいなぁ。


メンバーにも色々な事情があるのでなかなかできない子もいるかもしれませんが、、、

イベントまでの間、少しでもこのサイトを盛り上げてもらえたら嬉しいと思っています。


私も、舞台や公演、音楽から離れたことでやっと体調も回復しました(ボイトレの先生だけは続けていますが...)。

私も一緒に、このサイトを盛り上げていきたいと思います。


応援してくださる皆様には、

ぜひステラリア の最後のお祭り騒ぎを楽しんでいただけたらうれしいなと思います。


ありがとうございました。

もりぴぃ

Tip